ログイン・新規登録

通知

現在、通知はありません。

L5 リニアコンプレッサー in防音箱

ネコアシ

投稿:2022/11/10 更新:2022/11/10

L5 リニアコンプレッサー in防音箱

安定のL5に防震・防音の箱を作って組み合わせました。

定評のあるGSIクレオスのL5リニアコンプレッサーに、自作の防音用の箱を組みあわせたものです。

防音箱はホームセンターでMDF材をカットしてもらい、ボンドで貼り合わせて作成。
側面にはエアホースを通す為の穴を開けています。

内面には遮音材として鉛テープを貼り付け、その上から吸音材のスポンジを貼り付けています。

防音効果を検証してみたよ

L5 リニアコンプレッサー in防音箱

防震マットだけ敷いた状態で約50dBくらいの動作音。

L5 リニアコンプレッサー in防音箱

コンプレッサーを箱にシューッ!

L5 リニアコンプレッサー in防音箱

箱に入れると約40dBまで音が低減されました。

L5 リニアコンプレッサー in防音箱

遮音材として内面に鉛テープを貼り付けました。
ずっしりとした重さを感じる…

L5 リニアコンプレッサー in防音箱

さらに吸音材として8mm厚の硬質フェルトを貼り付けました。

音響等はあまり詳しくないですが、遮音材だけでは音が反響するだけらしく、遮音+吸音を組み合わせることで初めて防音として機能する…らしいです。

L5 リニアコンプレッサー in防音箱

約30dBまで騒音が低減されました。

実験は成功だ!

チャート詳細

  • 結構オススメ

    オススメ度:

    音も静かで夜間も安心して使えます。

  • ほぼ毎回

    使用頻度:

    エアブラシ使う時はいつでも。

  • 普通

    価格満足度:

    L5本体は中古で購入したので格安でした。
    防音箱は鉛テープや吸音材が結構高かったです。オーディオ界隈怖い…

  • 普通

    扱いやすさ:

    長時間使用するとほんのり熱が籠もるので夏場は蓋を少し開けて使用しています。

  • 探せばある

    希少価値:

    定番のコンプレッサー。

メーカー GSIクレオス
型番 不明。
フレーム部分が銀色(現行モデルは黒色)なのでちょっと前のモデルだと思います。
サイズ 横幅23cm x 高さ25cm x 奥行23cm(防音箱外寸)
重量 約5kg(防音箱含む)
購入価格 L5本体7,200円 + 交換用フィルター1,500円
防音箱はMDF材や鉛テープ、吸音材などで合計5,000円ぐらい掛かってます。
購入時期 2021年10月頃
購入場所 ネットオークション(コンプレッサー本体), ホームセンター(防音箱素材)
143
0

1

コメント

コメントするにはユーザー登録が必要です。

ユーザー登録はこちら

ツール・環境を投稿したユーザー

まずは盛って、それから考えよう