ログイン・新規登録

通知

現在、通知はありません。

H-eyes化

朱鷺鵜鷺

投稿:2022/06/15 更新:2022/06/15

H-eyes化

目の部分に穴を開けて、目玉を内側から装着。
目然が追従するのが楽しいです
YouTubeなどで先達が解説動画を出しているのでそちらを見るのをお勧めします。

カテゴリー

装飾
デカール
ディテールアップ
プラ板工作

チャート詳細

  • かなりオススメ

    オススメ度:

    美プラ業界では割とする人が多い気がします。最初は勇気が入りますが、道具があれば初めてでもそれなりになります。

  • 中級者向け

    難易度:

    リューターが必要だったり、顔の印刷を削るのでリペア出来ないので、環境と度胸が要ります。

  • 時々使う

    使用頻度:

    カメラ目線にしたい子には有効です。逆にブンドドなどで掛け合いをさせるのには目然が変わってしまうので向きません。

  • かなりの効果

    使用効果:

    目線追従と、デカールで好きな目に出来るのでハマると楽しいです

  • 高額費用

    必要経費:

    リューターが必須。初期投資のつもりで用意が必要です。
    H-eyesとアイデカールも都度必要なので、地味にコストかかります。

必要なツール・環境・素材

リューター。6mm砲丸ビット。

手順

  1. 開眼
  2. 目玉作り
  3. 位置調整

STEP01開眼

目の中心に、穴を開けます。
内側から6mm砲丸ビットをつけたリューターで、ガリガリ目の黒目と白眼部分を削ります。
まつ毛部分は残るように薄くしていきます。

STEP02目玉作り

プラ板に、アイデカールの黒目部分を貼り付けます。
デカールが癒着したら、5mm径の透明なH-eyesを接着剤でつけます(接着剤は透明で白化しないもの)
H-eyesに沿ってプラ板を切ります。

STEP03位置調整

コクヨのひっつき虫などで抑えるように内側から作った目玉をつけます。
コツとしては、ピンセットなどで調整しやすいように目玉の裏側にランナーを貼り付けておくとだいぶ楽さが変わります

1,298
0

1

このテクニックを使った作品

コメント

コメントするにはユーザー登録が必要です。

ユーザー登録はこちら

テクニックを投稿したユーザー

制作スピード激遅ですが、気ままに作ってます